傘について
2020年6月2日

投稿の中で最も多かったのは、「傘」に関するものであったことは、過日のブログでも報告させていただきました。傘を使ってある行動をするときに、実際不便さを感じることが多いものです。傘というものが,いつ頃考えられたものか調べてみますと、日本書紀に百済聖王(聖明王)の使者が552年に欽明天皇へ幢幡を献上したと記されています。一般的に使用されるようになったのは洋の東西を問わず17世紀に入ってからのようです。それにしても随分長い間、基本的には形状や構造は同じなんですね。アッと驚くような発想の雨避け具は無いのでしょうか?