薬草乾燥具

夏季になるとドクダミ等薬草採集がはじまり、採取した薬草の初期乾燥の仕方が問題で、重ねて置くと均等に乾かず変色も発生するため数十本を束ねて横竿にタスキ掛けにしていましたが、多くの場所を必要とします。ビニール紐をリング状に下げ最下部に一握りの薬草を跨(またが)らせ、その上に外形6センチ高さ7センチ程度の紙管を2本の紐に通し、今度は薬草を一握り紐の間に入れ繰り返し数段を重ねる。これで最後の乾燥まで触ることなく大幅な時間短縮と作業性が改善出来ます。